ここからどこへ日誌

アケミンの個人ブログ

パワハラ大好き上司とパワハラデパートの世の末は?

私は、昨年某有名デパートでパートとして働きました。
某有名デパートと言っても、裏方なのでほとんど接客はしませんでした。
しかし、そこはパワハラが酷く飛ぶ買う場所でした。

最初の顔合わせで、人事担当に
パワハラ・セクハラが合ったら遠慮無く言ってね。」と言われて、
普通言われないので、疑い始めました。
そして、そのデパートは居様なシステムを取っており、
面接官と直属の上司が違います。

面接してくれた人が私の責任者だったのですが、その人は温厚の良い人でした。
問題だったのは、直属の上司です。
彼は、他の先輩達が驚くほど、職場に居ません。
なので、大事な事は全く見ておりません。
その職場は教えないのは当たり前。(だったら、経験者を雇えよと思うのですが)
少し、大人しい人は目の堅きにします。(私もやや大人しい方)
そして、直属の上司は都合の良い時だけやってきて、怒鳴り散らす。
大人しい先輩達も怒鳴られ続けていたので、一日中怒鳴られていると錯覚してしまうほどでした。
おかげさまで、生まれて初めて、鼓膜が破れ、耳を傾ける耽美に耳から血が出ました。

評判も悪い職場で、他部署に様々なことを頼んでも「言うことを聞いてくれない。」とチーフは頭を抱えていました。
私は、「良くあんな非常識な職場に居るね。」と心配されていました。

丁度、入って一ヵ月半後に契約更新があったのですが、その意思確認も何も無かったので、
自分から辞める旨を伝えました。
すると、直属の上司からは、「辞めさせない。」「一生居てほしい。」と気持ちの悪いことを言われました。

その後、私は自動的に契約更新されたことになっており(犯罪です。)賃金も未払いが続いていたのですが、
ハローワーク労働基準監督署に辞める時の手順を相談していた旨を伝えると、とんでもない金額の賃金が支払われました。

そして、その後、私は同じ市の裁判所の近くの会社に転職したのですが、
直属の上司が裁判所に居るのを見ました。

 

職場でのいじめ体験談

アルバイト先で、一緒にお昼を食べず、食堂で食べていたら仲間外し

出勤初日に上司から押しつけられた仕事 | 職場いじめ体験談

広告を非表示にする