ここからどこへ日誌

アケミンの個人ブログ

アロマオイルの楽しみ方

柑橘系ではグレープフルーツ、樹木系ではラベンダーが大好きで、それぞれ1つの香りを楽しむこともあれば、気分によって両方のアロマオイルをブレンドするということもあります。

これらは実際売り場まで出向き、自分でかぎながらピンときた香りを選んだものです。
当時は少し元気がない時期で、グレープフルーツが元気をくれる効能があると教えてもらって選びました。
そのほか仕事のストレスを癒したいという思いを込めてリラックス効果のあるラベンダーも一緒に購入しました。
どちらも嫌味がないですので、どんな人にも受け入れられやすい香りだと思ってます。

使い方は、アロマプレートを利用することが多いです。
以前はランプが灯るタイプのアロマディフューザーを暗い部屋で使っていて、視覚的にも楽しめる時間が好きだったのですが、最近ではもっぱらアロマプレートに数滴垂らして使うことが多くなっています。
これは電気も使いませんし、何より電源がない場所でも使えるという点が魅力なのです。

アロマプレートにアロマオイルを垂らした瞬間から香りが部屋中に広がっていき、空間を満たしてくれます。
ほのかに香りますから、香りを楽しむ目的ではなく、たとえば何か集中して作業したいときにグレープフルーツのアロマオイルを利用すると、意識していなくともいつのまにか自然と物事に集中して取り組めるようになっています。

これ以外では、お風呂で使うこともあります。
浴槽にお湯をためる際、入浴剤と一緒にラベンダーのアロマを数滴入れると、蛇口から出てくるお湯の流れに沿って揺られることになるため、いい感じで香りが充満してくれます。
疲れているときやストレスがたまっているときなど、これを実践するのとしないのとでは明らかに違いがあるのが分かります。
アロマを使った方が、しっかりと疲れがとれているようで、お風呂からあがったあとは気分がすごくスッキリしているのです。

香りは目に見えるものではありませんが、これらのように実際に体によい影響を与えてくれるのを実感していますし、exeさんと一緒で私の生活には欠かせない存在となっているため、今後も上手く利用していきたいです。

広告を非表示にする