ここからどこへ日誌

アケミンの個人ブログ

カスペ! とんねるず×さまぁ~ずの一文無しジャーニー2×2伊勢神宮から出雲大社への旅

ある時期からフジテレビの番組はもちろん、地上波(テレビ東京以外)の番組をほとんど見なくなってずいぶん経ちますが、久々に笑えて面白かったと思える番組が「とんねるず×さまぁ~ずの一文無しジャーニー2×2伊勢神宮から出雲大社への旅」でした。

石橋・三村チームと木梨・大竹チームに別れて無一文でヒッチハイクをしていって目的地を目指すという内容ですが、はっきり言ってしまえば、特定はしませんが、テレビ東京の「なにかの番組」をパクっているようにも見える内容ではありますが、「なにかの番組」をパクってきてテレビ東京との制作費の違いを「悪い意味で」毎回みせつけて失望させるフジテレビとしては個人的に満足のいくものでした。

まず、シンプルであることが第一印象としてよかったです。
最近のバラエティはなにかというと余計なことをごてごてと継ぎ足して見る側としては不快なのですが、この番組においてはロケだけを流すことに注力しており、全編を通して旅のことだけを流したことは評価できます。

旅をしたとんねるず、さまぁ~ず共に実力は折り紙つきだと思っていますが、どうも活かしきれていないという番組を数多く見てきた中、今回は最低限の活かし方はしていたかなという印象です。
さまぁ~ずに関してはテレビ東京で「モヤモヤさまぁ~ず2」という一般人との絡みによってさまぁ~ずの良さを最大限に魅力を引き出されている番組があるのでいいですが、芸能人との絡みが多く、身内ネタが多いとんねるずに「旅」という新ジャンルの開拓と、一般人とのふれあい要素を足して、面白くしていることは見ている側も新鮮であり、面白いものでした。

あくまでも推測ですが、これがとんねるずだけでもだめだと思いますし、さまぁ~ずだけでもだめだというバランスの番組だと思います。
石橋さんと三村さん、木梨さんと大竹さんという違うコンビ同士の組み合わせの妙によって化学変化が起きて、面白くなっているんだと思います。

笑いや涙もある珍道中で内容も濃かったと思いますし、見ているこちらも泣いたり笑ったりできました。
なによりも最後に目的地である「出雲大社」で、出会った方々の願いを書いた絵馬を収めると共に、礼装を着てお参りする姿はとても好感が持てましたし、良かったです。

きっと続編があると思うので、楽しみにしておきます。

他にも私と同じ感想の方を見つけました!!
カスペ!・とんねるず×さまぁ~ずの一文無しジャーニー2×2伊勢神宮から出雲大社への旅

広告を非表示にする