読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ここからどこへ日誌

アケミンの個人ブログ

過去が未来を導いている

映画

1968年に公開されたSF映画、「2001年宇宙の旅」を観ました。

2001年宇宙の旅 [Blu-ray]

2001年宇宙の旅 [Blu-ray]

 

この映画では、すでに実現化されている様々な科学技術が登場します。特に、舞台の中心となる宇宙ステーションは、今、地球を回っている国際宇宙ステーションにそっくりです。

次に、開発のピッチが加速的に進んでいるロボット技術分野を見渡してみましょう。重量物を持ち上げ移動したり、構築物の解体に大活躍しそうなパワードスーツは、日本のアニメ、「機動戦士ガンダム」のモビルスーツを髣髴させます。

さらに、人間の体内に侵入して、病原菌を退治する宇宙船のような乗り物が、「ミクロの決死圏」という映画に登場します。この思想は、人間の体内に入り込んで検査を行う、カプセル内視鏡に受け継がれているのではないでしょうか。カプセル内視鏡は、カメラ部と映像モニター部が物理的に結合せず、ワイヤレス化されていますので、苦痛がありません。暗黒の臓器といわれる小腸も通過して検査できるので、画期的な技術と言えます。

これらの事例を見ると、映画やアニメ、物語などは、未来予知をしている象徴と言えるでしょう。
いや、ちょっと待ってください。視点を変えて、もう少し考えてみましょう。

SF作品の作者は、このようなものがあったらすごいな、楽しいな、便利だなと思うことがらを想像して、ファクターとして設定します。それぞれのファクターを組み合わせたり、関連付けを行い、それらを時間の流れに乗せるて組み立てることで、テーマを主張します。このような手法で制作された作品を見た人たちの中には、これは面白い、ぜひ開発してみようと考える人もたくさんいるはずです。その意志に賛同する人たちがたくさん集まれば、人類の英知を結集させることができます。そして、空想を現実として作り出せることになります。

つまり、これは、過去における空想の産物が、未来において現実となったと言えるでしょう。

SF映画に限らず、科学技術の発展により、未来予知の内容の多くは、歴史に刻まれていくのではないでしょうか。

胸を掴まれセクハラされました

仕事

以前私が働いていた職場は男ばかりの職場です。


男性が25人ほどいる営業所で女性は常に3人。しかしながら女性は特にちやほやされるという事はなくあくまでも仕事仲間と言う感じに接してくれていたため、居心地の良い職場と言っても良いほど働く環境はよかったように思います。


何かにつけて飲み会も開催され、同僚や先輩後輩達と行くお店やその後のカラオケもとても楽しく参加させてもらっていました。そのような場ではセクハラなどは全くなく、嫌な思いをしたことなどは1度もありませんでした。


たまにセクハラ的なことをふざけて言っている上司がいたりしても、周りの皆でセクハラだとからかってみながらその場をやり過ごすということも多く、空気の読めない人が何人かいたことも事実ですがそうでない人がほとんどだったため嫌な思いをしなくて済んでいました。


その営業所はトップが二人おり、年配のそのおふた方は個室こそありませんでしたがデスクの配置もパーテーションで隔離されているような状態で、ある意味その場所は特別な空間になっていました。


私は基本的には事務所にはおらず、ショールーム勤務だったのでそのパーテーションの中にいかなければならないということはほとんどなかったのですが、たまに何かの報告があったり提出物等を出さなければならないときにはいかなければなりません。
パーテーションがあるということが理由で他の営業マンからの死角になってしまうため、なんとなく嫌な気分がするので極力その場所で二人っきりになったりする時は、あえて大きい声で話をしたりして過ごしてきましたが、その時間は営業マンは外回りに行っている時間であり、事務所にいつもいる経理の方は銀行に行っていて不在と言う状況だったので、私なりにものすごく警戒をしながらパーテーションの中には用事を済ませにいかなければなりませんでした。


どうやら私に注意があるらしくいろいろ言われたのですが、その中にどうしても納得のできないことがあったため私なりに意見をしてみたところ、急にへらへらしながら私の胸をがしっと鷲掴みにしました。


そんなに怒るなよ注意しただけだろ。と言いながらにこっと笑われ、なだめられるかのように胸を鷲掴みにされたのです。

とても驚きましたし本当に嫌な思いをしました。今でも忘れられないセクハラの体験です。

セクハラに悩む方へ セクハラ相談先まとめ - NAVER まとめ

映画の感想 バタフライ・エフェクト

映画

バタフライ・エフェクトとは「蝶の羽ばたきが地球の裏側に竜巻を起こす」
ほんの僅かな違いが予想も付かない結果を生み出すという意味合いの言葉です。

ことわざの「風が吹けば桶屋が儲かる」みたいですね。

たまに人生やり直したいと感じる時があります。
あの時、ああしていたらきっとこうなっていただろう。

この映画の主人公は過去の「ああしていたら」と思う場面に戻り、それを行動に移す能力を持っています。
その能力を使うと記憶が飛び、体にも悪影響が出てしまいます。
行動に移した後、あるきっかけで飛んだ記憶を思い出します。

そこからが飛躍的におもしろくなります。
ところが、きっとこうなるだろうと思いきや、そうそう簡単には思い通りにはなりません。

「ほんの僅かな違い」で大きく未来が変わってしまうからです。

何度も何度も彼女のために頑張る主人公。
特に印象深いのは、愛する彼女が友達と交際するようになってしまった場面。
けれど、彼女にとって一番幸せなのは何かを考えて自分を犠牲にしようとまでします。

「過去に戻り、現実を見る」その1クールが完成されつつ、伏線が引かれます。
それらが絶妙に絡み合って、最後のクライマックスに向かいます。
クライマックスはそれまでの伏線が見事に繋がり、まさに溜飲が下がる思いです。
(実は一回目ではあまりピンと来なくて、2回目でようやくあ~~そうかと納得しました)

観終わった後は、あまり感じたことのない爽快感を伴って、感動というか不思議な感覚を覚えています。
少し冷静になると「今」を大切にしなければと思わせてくれました。

今でも「人生やり直せたら」と考えてしまう弱い自分がいますけれども。
この映画を思い出し、時にはもう一度観て頭の切替スイッチを押しています。

2004年の製作ですが、自分が映画にどっぷりハマるきっかけになった作品です。
個人的な想い入れが深いためかもしれませんが、私見として映画としての完成度は、この映画を超えるものは少ないように思います。

本当に何度観てもおもしろい映画です。

バタフライ・エフェクトが好きな方は、もしかしたらさくらんも楽しめるかもしれません。さくらんのレビュー

12years in slave

とても深く悲しいストーリーですが、私達に馴染みの少ない黒人問題に関する歴史が本当に素晴らしく描かれている映画でした。


私達はアフリカから奴隷となって輸送されてくる貧しい黒人がアメリカで世界で売買されたという事実はなんとなく知っていましたが、アメリカにすでに移住してそれなりの豊かな暮らしをしていた黒人が、えげつない白人に毒を盛られ、騙されて奴隷として売られる事は知られていないと思います。


また、その売られた先での扱われ方、奴隷という存在、同じ人間同士でありながら、人はどうして他人を肉体的に精神的に陥れる事が出来るのか。それは多くの歴史の中で取り上げられ、そして今も終わる事無く続く問題でもあります。


映画を見ているとあまりの悲しさに心が締め付けられてきます、そして目を覆いたくなるようなシーンもいくつかありました。けれどもそれを正面から受け止めて知るという事が今の私達にできることなのかもしれません。


そしてこの様な歴史は本当ついこの間まであったアメリカで、今オバマが大統領を務めている事の意味の大きさは計り知れないものがあるなと思いました。黒人と白人。そのミックスであるオバマ大統領。彼がここまで登り上がる事ができたのは、やはり多くの黒人が心の奥底に持つ、家族の悲しみが基盤にあるのかもしれません。


また映画のカメラワークが少し日本的で情緒的でありました。風景を音なしでみせるところなどは、何だか彼らの目線で風景を見ているようなそんな錯覚になりました。特に主人公が首吊りにされるシーンは、見ているのが辛くなるような長さのシーンとなりますが、それがまた私達の記憶に残り考えさせられる一幕でもあります。


決してハッピーエンドではないこの映画は出来ればひとりで見に行かない方が良いと思います。


数人の友人や家族と一緒に見ることで後味のすっきりとしない部分を語り合い、出来る限りの人達が見て学び、考える。そんな映画だと思いました。

 

映画ブログ

・映画のブログ

・おすすめ映画日記

・素人目線の映画感想ブログ

パワハラ事例 怒鳴り声で人を脅す上司

仕事

会社の社員同士なのですが、大人の対応が出来る人間ではなかったですね。
配達の仕事をしていましたが、本当に子供みたいな人でしたね。
車に乗って配達で毎日が運転ですが、その人は上司で、助手席で毎日寝ていましたね。

店や配達先に着くと、あたかも自分が運んできたかのように、真っ先に挨拶だけはしていましたね。
店先まで行かない時は自分は車の見張りという口実で、「行ってこい」と怒鳴るだけでしたね。
配達先の仕事は、特段たいしたことはないのですが、運転の距離は毎日死ぬかと思うほど働かせれましたね。
朝は、3時からの出勤で、夕方4時までは定時扱いだったことが、その会社で一番大変な仕事時間でした。

その上司は、特別に仕事をしていた人ではないので、多分仕事を辞めていると思います。
そんな人は、仕事をするために会社に来ているのではなくて、仕事をサボるために仕事に来ていることが分かります。
その上司とは、結局だれとも馬が合わないような人でしたが、特に私とは合わないようでした。
なにか間違いがあると、全て人のせいにして罵声を浴びさせられる、「そんなこともできないのか」「今までどんな仕事をしてきた」など、人格否定をするのが当たり前になって来ています。

一番ヒドイ時は、遅刻をしたわけでもないのに、「お前は俺より早く会社に着いとけ」と言われる始末でした。
会社という小さな組織の中でしか、力を発揮出来ない人なのだとよく分かりました。
今は仕事は、どうしているのでしょうね。

私は身体を壊してしまったので、2年間頑張ったのですが会社を辞めることになりました。
会社の仕事は、楽しかったから続いたのかもしれませんね。
部下を選ぶことは出来ない、ということと、上司は選ぶことが出来ないというのは、本当につらい現実ですね。

会社の中に入らないと、その会社の人までは分からないですから、仕方がありません。
パワハラが許される会社には、成長という言葉がないのかもしれませんね。
良い会社に出会えるようになりたいですね。

 

参考

パワハラ事例

パワハラ大好き上司とパワハラデパートの世の末は?

私は、昨年某有名デパートでパートとして働きました。
某有名デパートと言っても、裏方なのでほとんど接客はしませんでした。
しかし、そこはパワハラが酷く飛ぶ買う場所でした。

最初の顔合わせで、人事担当に
パワハラ・セクハラが合ったら遠慮無く言ってね。」と言われて、
普通言われないので、疑い始めました。
そして、そのデパートは居様なシステムを取っており、
面接官と直属の上司が違います。

面接してくれた人が私の責任者だったのですが、その人は温厚の良い人でした。
問題だったのは、直属の上司です。
彼は、他の先輩達が驚くほど、職場に居ません。
なので、大事な事は全く見ておりません。
その職場は教えないのは当たり前。(だったら、経験者を雇えよと思うのですが)
少し、大人しい人は目の堅きにします。(私もやや大人しい方)
そして、直属の上司は都合の良い時だけやってきて、怒鳴り散らす。
大人しい先輩達も怒鳴られ続けていたので、一日中怒鳴られていると錯覚してしまうほどでした。
おかげさまで、生まれて初めて、鼓膜が破れ、耳を傾ける耽美に耳から血が出ました。

評判も悪い職場で、他部署に様々なことを頼んでも「言うことを聞いてくれない。」とチーフは頭を抱えていました。
私は、「良くあんな非常識な職場に居るね。」と心配されていました。

丁度、入って一ヵ月半後に契約更新があったのですが、その意思確認も何も無かったので、
自分から辞める旨を伝えました。
すると、直属の上司からは、「辞めさせない。」「一生居てほしい。」と気持ちの悪いことを言われました。

その後、私は自動的に契約更新されたことになっており(犯罪です。)賃金も未払いが続いていたのですが、
ハローワーク労働基準監督署に辞める時の手順を相談していた旨を伝えると、とんでもない金額の賃金が支払われました。

そして、その後、私は同じ市の裁判所の近くの会社に転職したのですが、
直属の上司が裁判所に居るのを見ました。

 

職場でのいじめ体験談

アルバイト先で、一緒にお昼を食べず、食堂で食べていたら仲間外し

出勤初日に上司から押しつけられた仕事 | 職場いじめ体験談

大相撲春場所

テレビネタ

ここ数年、テレビを見るとしたらニュースや野球、大相撲、水曜の『マツコ&有吉の怒り新党』のみです。

他の番組を見ても腹を抱えて笑うということがなくなってしまいました・・・。
昔はあんなにテレビっこ・バラエティ ドラマ好きだったのになぁと寂しい気持ちになることもあります。

もともと大相撲が大好きで、小さな頃から見ていました。
昔はNHK大相撲中継のみでなく、夜は朝日系列で大相撲ダイジェストも放送されていました。

大相撲の人気低迷によってかと思われますが、大相撲ダイジェスト番組もなくなっただけでなく、中継自体の時間も短くなってしまいました。
スポーツニュースで取り上げる時間も短くなるばかりです。

相撲ファンの私としてはとっても寂しい限りです。

二ヶ月に一度の場所、その時くらいはニュースでも時間を割いて欲しいと願うばかりです。

今日は春場所二日目でした。
専業主婦の私はもちろんのことテレビにかじりつきでした。
しかし、今日は17時10分からの中継と1時間も放送されずでした~。

遠藤や千代丸といった若手力士がとても人気があります。
私もこの2人の大ファンです。

横綱 千代の富士を親方に持つ千代丸。
新弟子審査に合格してからまだ一年のため髷さえも結えていない遠藤が横綱 日馬富士との結びの一番をするほどの実力の持ち主。

やはり今日の取組も見ごたえがありました。
一瞬で勝敗が決まってしまう相撲なだけに、ハラハラしっぱなしです。

夫も相撲が昔から大好きです。

夫は土日休みのため、大相撲中継がある休日は大相撲中継を中心にした生活となってしまいます。

まず遠出が出来ません。
大相撲中継が始まるのが3時からなので、遠出ができないのです。

温泉好き夫婦のため毎月必ず旅行へ出かけます。
その時も大相撲中継に間に合うように、観光地は寄らずにまっすぐお宿へ向かいます。
温泉お宿でゆったり見る大相撲中継はまるで天国 ヘブンです。

何よりも大相撲中継が優先。
これが私たち夫婦のテレビの見方であります。

年に6回しかない大相撲。
大相撲中継が私の何よりの楽しみです。

大相撲観戦によく芸能人や有名人が来ていたりします。
その方たちを見つけたりすることもひそかな楽しみだったりします。

大阪場所であれば必ずといっていいほど、料理人の神田川先生がいらっしゃいます。
それも溜まり席の一番良い席に!
何ともうらやましい限りです。

明日は春場所3日目。
とても楽しみです。